丑寅日本祖傳語部

一章

夫れ宇宙未だ無ける幾百億年の太古に、日月星も是れ無く、ただ暗黒の闇に上下左右なく、塵立物質もなかりける混沌の無界に、暗の比重になれる無質なる軽重の間に、圧縮力量の密度に満度に達するや、針先の如き火ぞ起り發火せるや、暗なる密度に誘爆し、大音響と倶に眞紅の光熱が、果無き暗黒を焦熱し、無限の暗界を大爆烈ぞ光熱に焼き擴げたり。

そのあとに焼塵として遺れる物質ありて、回轉の作動を起しけるに、塊となり、小なるは大なるに併合し、茲に星と塵雲、宇宙に漂うたり。その數、幾兆億の星團と想定なし、銀河と相成り、宇宙を創りぬ。吾等が住むるは、日輪の引力軌道になる地星にて、月界は地星の引力に廻る衛星なり。日輪を廻る星は惑星とて、日輪は恒星と曰ふなり。かくして、宇宙は成れりと曰ふ。地界は日輪の第三惑星にして、日輪との距離を適當にして、空水に満たる星なりて、やがて生々萬物の誕生を得たり。

人の世に誕生せるは、生物類の進化をくりかえし、今なる相とぞ相成りぬと曰ふ。世にある萬物は、天地水の候に進化生存の節に世襲ありて、進化に遅れたるものは滅亡せり。依て人類も亦、世襲の候ぞ人の生息に進化の遅れては、空しくも滅亡しける悲運の兆ありぬ。ただ人は、智識を究め、生々の便を逆境に耐ゆるが故に、地界の果なる辺境までも分布生息せるも、宇宙の変変には地界如きは、一塵の如きものなりき。宇宙の地界、更には日輪とて、人の想ふる神の創れるものに非らざれば、宇宙に異変起りては、その崩壊は露より脆きなり。依て、人は神を夢幻に想定しけるも、無常は憑み難き一刻の願望なりと心に置きて、過度なる信仰の迷信に堕ちるべからず、生々の道理を辨ふべし。

寛政丙辰八年七月二日
秋田孝季花押

二章

人生の生涯に於て、心に安心立命の悟りなくば、たゞ光陰虚しく渡る耳なり。凡そ人に類して人に齊しからず、たゞ生命は光陰に移されて、若きは老に堕ちて、徒らにして露命をいかなる道の草にか落とらさんや。無常は忽ちに至り、生死の中の善悪、往事の再び取捨も憑み難し。唯。獨り黄泉に赴く耳なり。己が滅後に遺るものは、遺る者の邪見にぞ、憐みにも隔つ耳なり。己れをば薄福少徳と自心過得せし者は、自然に生々せる鳥獸よりなほ陋しき、渡世の輩なりと戒め置くものなり。

生々は、生々のうちに善種も悪種も己が心にて芽生ふなり。身は心に随はしむるなく、心を身に随しむべからず。依て古きより、神佛と曰ふ道の安らぎに求めて、人は眞如実相の理を離れ、求道し發願し神佛の加護を願ふなり。忍ぶる邪道に誘はれず、人師論師の理趣なき信仰に惑はず誘はれず、無我の境地に所逼を怖れず、神佛の正法に求道すべし。

吾等が人祖より、天地水をば神たるの得道に正法として、是を荒覇吐神とて信仰の道とて求めたり。天なる宇宙の一切・地なる萬物の一切・水なる一切にあるも、總てを荒覇吐神とて、信仰の眞理とて、その行願は天に仰ぎ地に伏し、水に六根を清め、稱ふるはアラハバキイシカホノリガコカムイとてくり返し三禮四拍一禮の行なりせば、老若男女童に至るまでも覚へ易く、古代より欠くなきは丑寅日本国の信仰なり。

此の信仰の創むる處は、はるけきシュメールの国カルデア民の發起せしものなり。彼の国人、国乱ありて、アラビヤ・シキタイ・アルタイ・モンゴルを越え、黒龍江を降り樺太に至り、更には渡島に至り東日流に渡りて、地民の信仰に併せて荒覇吐神とて今に遺れる、無上道の信仰に遺したるものなり。

寛政壬辰年八月二日
秋田孝季花押

三章

古き世より、人は本来須く信仰の求道に安心立命を求たり。生々安しき事少なければ、心は常にして明暗あり。依て信仰の諸行は、正邪の教相渉れり。依て日進月歩に、信仰の清濁は句を分つ。安心立命に宗を迷へば、法に尋むるも、蹤跡なく神佛の正法と思へき修習も多く錯りて、長時の苦を受く耳なり。

心身は倶に悪道に堕て、往修の積行もむなしく歩むれど、近遠に非らず、正道の者との隔たりは天地の固を離れ、焉んぞ利鈍の所願齊しからず、染汚にぞ屈す。依て、多行の信仰及び布施の散財を以て爲せる信仰を脱し、ただ一向に崇拝に專念せる荒覇吐神の本願に歸順仕るこそよけれと、正道に悟りてこそ、心に安心立命の誠を得たりと悦び多く、生死の念も亦天命に安ずるの境にぞ相達す。

寛政壬辰八月四日
秋田孝季花押

四章

丑寅日本国は、元は加州犀川なる三輪山に宮をなせる阿毎氏、倭の蘇我郷に移り住みてより、地の箸墓山を三輪山と稱し、倭の大王と相成りぬ。この地を古きより耶摩堆と稱し、磯城氏の地なれど、蘇我氏の領たり。

阿毎氏は姓を安倍とぞ攺めなして、地の擴きに渡り、春日氏・巨勢氏・和珥氏・平群氏・物部氏・葛城氏・大伴氏・蘇我氏・天皇氏らを束ねて、大王に推挙され、耶摩堆大王とて国治むるも、築紫より佐怒大王、出雲大王と軍を併せて東征に赴きぬ。是に應戦せるは、耶摩堆大王安日彦大王にて、その弟長髄彦王を富雄白谷なる膽駒山に挙兵せしも、陸海より日向勢に三年の交戦に敗れ、安日彦大王、倶に東国に敗北せり。更に坂東より丑寅日本国に至りて、地民の推挙にて荒覇吐大王と相成りて再興す。

支那より晋民の落漂ありて、智勢に挙して、子孫榮ゆ。その武威を以て故地を奪回せしも、大王、丑寅日本を離ることなし。依て大根子彦王、故地・耶摩堆に留りて、築紫勢を追討、更には出雲をも侵略せしむ。国を倭と攺め、天皇氏に併合して、倭の大王となりけるは、孝元天皇たりと曰ふなり。

丑寅日本国にては、王居を宮澤に移しめ、荒覇吐大王の領境、東海安倍川より地境を西海糸魚川に至るを東西の境とせり。是より北東を日本国と固定し、西南を倭国とせり。依て、荒覇吐神なる信仰ぞ、大いに西国を覇せり。今にして荒神と名付く處、荒覇吐神を祀る宮跡にして、出雲大社・築紫の宇佐八幡・国東大元宮は、何れも然りなる名残りあるべく、四拍を以て参拝せるなり。

寛政壬辰年九月
秋田孝季花押

五章

石塔山しるべ

秋田孝季花押

奥州東日流中山連峯、石塔山大山祇神社の古稱は荒覇吐神社と曰ふ。安東氏、東日流を放棄以来、聖地の庇護あらず。嘉吉三年癸亥二月、東日流飯積派立の住、和田佐馬之介に隱密庇護を申付たり。爾来和田家、一族を挙げて是の祭祀を年毎に山護りの労を盡し来たりぬ。神域半里四方にて、石塔澤に属す湲の水音あるべき處に、安東一族の古墓ありて、苔に五輪塔の埋むを見ゆ。

四季折々に草華の絶えざる秘境にして、歴史の深きを愢びぬ。古きは役小角、安倍賴良、安東一族、朝夷一族の古墓ありて、明せぬ世襲の密神鎭座の神社なり。依て、未に神社遺物の人視にぞ閉して、衆の挙祀ぞなかりける處なり。和田家代々をして、毎年なる九月の十九日に祭祀の護摩を修せり。

石塔山なる修法文に曰く。
唵歩布帝哩迦多哩□他檗多成嚢莫三満多没多南云□

寛政ママ辰年八月
秋田孝季花押

コプト之神々山靼波斯旅情記

寛政二年五月  秋田孝季

目旅写日記

日輪神 ラー/ 地尊 エルラシツト/ 創造神 プタハ/ 地尊 アレキサンドリア/ 智惠神 トト/ 地尊 タニス/ 川之神 クヌム/ 地尊 ヘリオポリス/ 再生之神 ケプリ/ 地尊 ギザ/ 夕陽神 アテン/ 月神 パヌブタウイ/ 雌牛神 ハトホル女神/ 地尊 カイロ/ 鰐神 セベク/ 地尊 サツカラ/ □神 ホルス/ 地尊 ダハシュール  萬物創造神 アトウム/ 地尊 メンフィス/ 空神 シユ/ 地尊カルーン/ 風神 テフネト女神/ 地尊 メイドウム/ 大地神 ゲブ/ 地尊 ファイユーム/ 天空神 ヌウト女神/ 地尊 ベニハッサン/ 正義神 オシリス/ 地尊 アシュムネイン/ 悪神 セト/ 地尊 テルエルアマルナ/ 豊饒神 イシス女神/ 地尊 アシュート/ 暑陽神 クヌムラー/ 地尊 アビドス/ 寒陽神 セベクラー/ 地尊 デンデラ/ 榮光神 アメン/ 地尊 コブトス/ 地獄神 アメミット/ 地尊 クセイル/ 法神 アロイリス/ 地尊 ワーデイハママート/ 育神 ネフテイス女神/ 地尊 ルクソール/ 福神 ウシャデブイ/ 地尊 エスナ/ 護神 スフインクス/ 地尊 エドフ/ 山神 アルクルン/ 地尊コムオンボ/ 宇宙神 ヌウト女神/ 地尊 アスワン/ 魂神 バア/ 地尊 フイラエ/ 精靈神 カア/ 地尊 アブシンベル/ 體神 アク/ 地尊 ナイル/ 草神 ヒース/ 樂尊 リュート/ 耕作神 アピス/ 樂尊 シストラム/ 冥神 ソカール/ 香尊 ロータス/ 眼神 ウジャト/ 傳尊 アムドドウアト/ 獸神 アヌピス/ 蛇神 ウラエウスコブラ/ 虫神 ケブリ/ 翼神 マアト/ 地大尊 コプト/ 鳥神 ベヌ/ 豹神 パネジエム/ 極樂神 イアル

右之他、コプト神二千之數崇有。

コプト十八ファラオ

ナルメル王、ジエセル王、スネフル王、フク王、カフラー王、メンカウラー王、ウナス王、ペピ王、メンチュヘテプ王、アメンエムハト王、センウセルト王、アハメス王、トトメス王、ハトシェプスト王、アメンヘテプ王、ツタンカーメン王、セテイ王、ラムセス王。

(※ここに、図あり)