東日流外三郡誌 二百六十七巻


明治写本(巻物の先頭部分)

飯積之住
和田長三郎末吉

注言

加之書は他見無用にして、外聞門外不出と心得よ。朝幕藩何れの政道に反文なりせば重き科を蒙りぬ。依て、吾が注言一切を護るこそよけれ。

秋田孝季

序言

丑寅日本國は、古代シュメール國のギルガメシュ王の創國亦アラハバキ神を直入せし國造りにして、吾等一族の血に於て人をして生々を重んじ、人の上に人を造らず。亦、人の下に人を造るなし。

寛政五年一月一日
秋田孝季

日本國歴抄併世界歴

大古日本國は神代なる荒唐無實・架空夢想に信じ不可の事多し。神武帝紀元を史籍に載するも、支那・印度・紅毛國に干支の暦も併せ難く、茲に對歴を支那國に併して記逑し置者也。

支那王國継略

盤古氏─天皇氏─地皇氏─人皇氏─有巣氏─燧人氏─太昊伏羲氏=継王十六世─炎帝神農氏=姜姓八姓─黄帝軒轅氏=公孫姓─少昊金天氏─顓頊髙陽氏─帝嚳髙辛氏─帝陶唐氏─帝舜有虞氏=以上を支那太古代とす。

紅毛人王國継略

アダム・イブ─カイン・アベル・セツ=エース=カイナン=マハラレル=ヤレド=ヱノグ=メドセラ=メレウ=ノア=ハム・セム・ヤベテ以上を紅毛人太古とす。

天竺王國継略

チュラニヤン三十世=アリアン以上を天竺太古とす。

右太古之事如件

寛政己未年五月一日
秋田孝季

日本上代歴世界歴抄

支那國に夏王朝起りし頃、日本筑紫國に髙砂族漂着し島津に土着なして王國を築きける継略に。髙天原國とは彼之民の故地にて髙砂國なり。依て日本神代ぞ髙砂族歴代と覚つべきなり。

髙砂族之系譜略

天之御中主=高皇産巣日=神皇産靈=可美葦牙舅=天之常立=國常立・豊斟淳=泥土煑・砂土煑=角杙・活杙=大戸之道・大戸之辺=面足・惶根=伊弉諾・伊弉冊=天照=忍穗耳=瓊々杵=天津日髙彦=鸕鷀草葺不合=日子五瀬=日子稻飯=三毛淳麻=稚三毛淳麻

耶馬台族之系譜略

初代耶馬止彦より安倍氏・安東氏・秋田氏之系譜に明細す。依て本巻に省略を乞ふ者なり。

支那國王系譜略

自夏朝至秦朝

夏朝=禹─啓─太康─中康─相─少康─王杼─王槐─王芒─王洩─王不降─王扃─王廑─王孔甲─王皐─王發─桀王履癸以上十七世代也。

殷朝=湯王─外丙─仲壬─太甲─沃丁─太庚─小甲─雍己─太巳─仲丁─外壬─河亶甲─祖乙─祖辛─沃甲─祖丁─南庚─陽甲─盤庚─小辛─小乙─武丁─祖庚──廩辛─庚丁─武乙─太丁─帝乙─紂王辛
以て三十世なり。

周朝=武王─成王─康王─昭王─穆王─共王─懿王─孝王─夷王─厲王─宣王─幽王=以て十二世なり。東周=平王─桓王─荘王─釐王─惠王─襄王─頃王─匡王─定王簡王─霊王─景王─悼王─敬王─元王─貞定王─哀王─思王─考王─威烈王─顕王─慎靚王─赧王─以て二十五世也。

秦朝=始皇帝一世─二世─三世

右以て支那古代王朝也。

日本國皇統系略

佐怒─(空位亡滅)─川耳彦─城津彦─(空位亡滅)─荒覇吐彦─(空位滅亡)─觀松彦─(空位滅亡)─足彦─(空位滅亡)─根子彦─(空位併合)─大根子彦─稚根子彦─(空位併合)─城入彦─(空位滅亡)─結日入彦─(空位滅亡)大足彦─稚足彦足仲彦─(空位滅亡)─足長女─和気彦─(空位滅亡)大鷦主彦─(空位滅亡)─穴穗彦─大泊彦─白鷦績彦─海辺彦─祀石彦─嶋稚彦─小泊彦─太彦─廣國彦─小廣彦 以上二十八世也。

右皇統系譜は一系ならず。耶馬台國侵領せる佐怒よりの荒覇吐族故地奪回にて立君せし混成王朝なり。依て空位亦亡滅を輪廻せり。然れども、日本天皇系譜に是を順載し、更に上古なる髙砂族系譜と併せしにや、古事記・旧事記のあやまれる所意なり。右、秋田之住物部由来書なる白鳳壬申之古書に依る者にて物部惣宮太夫より謹㝍仕れる皇統譜也。

寛政戊午十年正月
秋田孝季
和田長三郎吉次
菅井眞澄

右文献、秋田髙清水物部家藏古書に依る多し。

荒覇吐王國累代暦

日之本の奥つ國東日流とは古き民阿蘇辺族、次なる津保化族、耶馬台族、支那晋之流民らを併せて荒覇吐族と成れる民にして吾が大八洲な初創の國を統治せしむ王政をなしける始祖なり。東日流の古稱ツパンなるを紅毛國にてはヅャパンとぞ現今に稱する故は是に原因を為せる證なり。

東日流は日乃國の中央なりせば北に神威茶塚國・千島大列島・流鬼國・日髙國ら大領土を有し西南に本州・淡路島・南海道・築紫・琉球大列島に至らむ海洋國なり。茲に東日流之故事を知らずして何事の日本古史やあらん。都く是巻に筆記せるは言々眞に非ざるはなし。心して諸傳に迷はず心に憶しべし。東日流に安日彦王・長髄彦王崩じて以来の立君は萬世一系なり。

寛政丙辰十二月
秋田孝季記
和田長三郎調
菅井眞澄調

右久世家文書より書㝍仕る者也。是如神代神武一世は架空也。

改元支那年㝍日本暦第一

第一了